浜松で親子四代にわたり店をかまえる地域密着型の「生枠の畳屋」

FreeDial 0120-452-373 またはTEL053-414-0193 受付8:30~19:00【土・日・祝も受付はOK】

施工例ブログ

最新情報

種類

月別記事

はたらく框縫機&クリーナー

本日紹介するのは畳表の框を縫う機械、

東海機器のツインロボです。

image

こちらの機械にこのように畳の床を入れまして畳表をセットします。

image

表をピシッと張って両側にあるミシンで縫いこんでいきます。

image

このように綺麗に縫って框方向の縫製は終わりです。

image

そして框を縫った畳がクリーナーを出ます。

クリーナーがなぜ必要かといいますと、殆どの畳表(イグサ)は

画像のように染土と呼ばれる泥の中を通して仕上げられているのでその染土を

落としているのです。

image

このように現在では機械を使って仕上げていく畳ですが

長年のノウハウ、知恵を駆使して、ただ作るのが早いだけではない

満足のいく仕上がりを実現しております。

”KY”

生産部です。

”KY”と聞いてピンとくる方、こない方がいらっしゃると、

思います。今の方だと、”くうきよめない”と連想される方が、

いると思いますが、ここでは”危険予知”のをこと”KY”といいます。

弊社では、チラシにも掲載していますが、製作過程がほぼ機械で行われます。

そこで、機械作業に伴う危険箇所を作業員みんなで検証し、予知予防を心掛けて

います。また、日々、より良い品質・出来栄えのものが出来るよう機械の改善も

行っています。

CIMG7236”KY”検証中

 

CIMG7235工場内全景

機械で作っているところを見てみたい方、工場のほうにも

ご来店も・・・!!!

ダニについて少々

生産部です。

今日は前回の続きです。ダニが発生した場合と予防について...

ダニが発生しやすい環境を作らない事が大事なのですが、気を付けていてもダニが出てしまった場合、

まずは発生したダニを駆除しなくてはなりません。

ダニを駆除する方法として、薬剤を使って駆除する方法が一般的です。ホームセンターなどで簡単に

手に入ります。薬剤といっても最近では天然由来成分の物も多く販売されています。

天然由来ですので、人にも環境にも優しいものですね。

こういった物はカーペットやぬいぐるみ、ソファーなどに吹き付けたりして効果を得たり

畳に針状のものを刺し込んでスプレーし、畳内部のダニを駆除する物も販売されています。

では、当社ではどういった方法でダニを駆除するかといいますと昔ながらの天日干し・・・

ではなく、畳専用の熱風乾燥器で短時間で畳の芯まで温め乾燥させることによりダニやその他の虫、

卵を死滅させる方法です。もちろん薬剤は一切使用しません。

これらの方法でダニが畳からいなくなったとしても、畳の上で使用してい座布団や布団、ソファーなどに人を刺すダニが残っている場合がありますので、お部屋全体のダニ駆除をされた方がより安心して生活出来るのではないかと思います。

ちなみに当社の熱風乾燥による畳の状態としましては、施工後畳の中心部まで熱が行き届き、畳全体が乾燥状態であり、すぐにダニが住める環境にはなりません。 (畳の表替えや裏返しの施工時は無料で熱風乾燥をさせて頂いております。)

...と、ここまでがダニを駆除する方法です。これだけでは、本当の意味でのダニ駆除にはなりませんのでご注意ください…

キャプチャ

次回はダニを駆除した後にすべき事、今後ダニを発生しにくくする方法などを掲載していきたいと思います。